PROFILE

愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻首席卒業、桑原賞受賞。

同大学大学院修士課程音楽研究科ピアノ専攻修了。

2010年電気文化会館にてピアノソロリサイタルデビュー。更なる研鑽のため同年9月よりフランスへ渡る。

ジュヌヴィリエ地方国立音楽院室内楽科、スコラ・カントールムピアノ上級課程において、審査員満場一致の祝辞付き一等賞を受賞、ディプロムを取得。

シャトー国際ピアノコンクール日仏友好特別賞受賞。

レオポール・ベランコンクールピアノ部門第1位。

レ・ゼトワールコンクール室内楽部門優勝。

フランス国際音楽コンクールディプロムコンセール部門第二位、連弾部門第一位等、数々の国際ピアノコンクールにおいて受賞を果たす。

ブラッドショウ&ブオーノ国際ピアノコンペテションピアノデュオ部門にて一等賞を受賞し、ニューヨークカーネギーホールにてウィナーズデビューリサイタルに出演。

これまでにピアノを大森静香、笹嶋玉緒、笠間春子、西川秀人、ヴァディム・サハロフの各氏に、室内楽を北住淳、上田晴子、ジャン・クロード・ブブレスの各氏に師事。

2014年にはパリで活動中の連弾デュオ''ラフェリ''のファーストCD「クレ・デ・フェ」がNAT社より、ドラマー&パーカッショニスト三祢沢信とのユニット''みずとたま''によるファーストアルバム「Repure~あなたを生きるあなたに~」が発売。2016年にはフルート、ヴァイオリン、ピアノのトリオtrio aimoisのデビューCD「START LINE」が㈱フロレスタンより発売。

現在パリ在住。クラシックピアノをテオドール・パラスキヴェスコ、ピアノ連弾をジャン・マルク・ルイサダ、ジャズピアノ、作曲、アレンジをヴァレリー・ベンツァキヌの各氏に師事し、クラシックを主としながらも様々なジャンルと繋がりを求めるボーダーレスなピアニストとしてフランス、日本で活動。その多彩で自由な音楽性と表現力は聴く人の心を魅了する。

自身の作品が日本、フランス、ポルトガルで演奏され、作品の一部が日本で楽譜出版されている。

2019年1月にピアノソロアルバムを発売予定。

金沢昭奈ホームページ http://www.akinakanazawa.com/

オフィシャルブログ「奏でる未来(あした)」http://ameblo.jp/pipopakina/